読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伯耆の國の御伽草子

お気楽気ままな高齢者のグダグダ噺

アオンの定吉 神村肇埜の喰寝酒寝日記(11月6日)

今朝もアオンの定吉に起こされた。 私の朝は早い。午前二時には起きる。というより起こされる。 早朝というか、深夜の二時になると、毎日私の部屋のドアに体当たりしてくる者がいる。その愛あたりのドンという音で私は目を覚ます。 このドンという音が誰の仕…

鬼の噺(桃太郎異譚) その壱

昔むかしあるところに…… 昔話と申しますと、昔むかしあるところにと始まるものでございますが、このお話もその例にもれず、昔むかしあるところにというお決まりの出だしで始まるお話でございます。 しかし昔むかしと申しましても、お侍さんが刀を持って 「や…

猩々の乱 そのさん

僕はなんだか二匹の狸親父とクソ婆にまんまとうまく乗せられたような感じで『全国大会』を鳥取県で引き受けざる得ない状況に追い込まれてしまった。しかし簡単に引き受けるのも何なので 「わかりました。しかし会場が確保出来るか不安もあります。少しお時間…

猩々の乱 そのに

電話を切ると僕は慌てて部屋を片付けることにした。 家内は僕が休みの日は仕事なので、休日と言うと僕はいつも一人で過ごしている。休日は大抵パジャマで一日を過ごすことが多く、パジャマでスナック菓子をボリボリ食べながら、ゴロゴロとテレビを観て過ごし…

猩々の乱 そのいち

平成二十八年 五月連休の浮ついた気分も落ち着いてきた梅雨入り前の季節が、僕は一年中で一番いい季節だと思っている。 僕は昨年の冬に脳梗塞を患って入院をした。幸い後遺症は残らなかったが、毎月一回、定期的に米子市の総合病院で診てもらっている。 今日…