読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伯耆の國の御伽草子

お気楽気ままな高齢者のグダグダ噺

カップ焼きそば

 今日のお昼はいろいろ悩んで、悩んで、
本当は冷たい蕎麦が食べたいと思っていたけど、我が家の戸棚に
 
『ごっつ盛り ソース焼きそば』
 
があったので、冷たい蕎麦が食べたかったのですが、外に行くのも面倒なので、結局長い長い自分との戦いの末、本日のお昼はカップ焼きそばに決まったのであります。
 
いや、本当に苦渋の決断であった。
 
でも、本当は冷たい蕎麦が……
 
f:id:kamurahatuya:20160521145411j:image
 カップのパッケージを見ると
「さらにおいしくなりました」と書いてある。
じゃあ何かい、今まではやっぱり、いまいちだったのかな
なんてことは考えずに、
 
中には、かやくにソースの小袋さんたちが
f:id:kamurahatuya:20160521145425j:image
 
からしマヨネーズの小袋さんと一緒に仲良く入っておりました。
 
f:id:kamurahatuya:20160521145435j:image
 
焼きそばといったら、やっぱり目玉焼きと紅ショウガは外せませんよね。
目玉焼きは、白身の周りがカリカリにこげている方が、私は美味しいと思っています。
まあ、これも個人の好みですので、そうでない人もいるかと思いますが。
 
そして、紅ショウガは絶対です。
焼きそば、お好み焼き、たこ焼きの紅ショウガは、出来るだけ真っ赤な紅ショウガがいいと思っています。
ピンク色のはいけません。
出来るだけ真っ赤の派手な方がいいです。
 
余談ではありますが、紅ショウガって、見た目は派手ですが、いつも脇役です。
紅ショウガが主役になることって少ないと思います。
関西には、紅ショウガの天ぷらがありますが、あれも紅ショウガだけといわれると、
ちょっと待ってよ~と言いたくなりますよね。
私は紅ショウガの天ぷらもやっぱり主役ではないと思っています。
まあこれも私個人の見解ですけどね。
 
f:id:kamurahatuya:20160521145502j:image
 
カップ焼きそば完成したら、目玉焼きをぐちゃぐちゃにして
食べるだけです。
 
f:id:kamurahatuya:20160521145510j:image