読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伯耆の國の御伽草子

お気楽気ままな高齢者のグダグダ噺

朝活

おはようございます。

 

 ただ今、朝の五時半過ぎでございます。

 

 なぜこんな時間にブログを書いているかというと、私は朝活をしようと思っているのであります。

 

 最近の記事を読んでいると、朝は昼間の二倍の処理能力があるとか、出来る人間は朝の時間を活用しているとか、書いてあるものですから、私も朝活をしようと決心したのであります。

 

 しかし、朝活をしようと決めたのは実はもう二カ月以上も前のことでして、二カ月以上も前から、朝の三時過ぎには起きるようにしているのであります。

 

 しかし、しかし、起きるには起きて、パソコンに向かうのでありますが、なんと申しましょうか、そのベッドが机の横にあるものですから、すぐに横になってしまい、はあ、二番寝が始まってしまうのであります。人間の意志なんて、と申しますか、私の意志なんて、こんなにも弱いものだなんて、はっきり申しまして、この歳になるまで、気が付かなかった訳でございます。

 

 なんでまた、朝活?と思う御仁もおられるかも知れませんが、私めはもうすぐ高齢者と呼ばれることになっておりまして、仕事も無くなることになっております。

 

 そのようになった時に、何もすることが無いというのも寂しいことであると思いまして、ブログなどを初めて見た次第でありますが、なかなかブログの更新も出来ず、物を書くことがこんなに難しいことかと思った次第でございます。

 

 何とかこの状態を打破できないものかと思いまして、そうだ年寄は、早起きしないといけない。朝早く起きて、自分の時間を作ればいいと思った次第でございます。

 

 毎朝、朝の三時過ぎに起きまして、三時十五分くらいには撃沈し、次に起きるのは、既に七時過ぎとなっておりまして、既に会社に行く準備をせねばならず、とても朝活というような時間を作ることが、出来ない毎日を過ごしておりましたが、今朝は、そこをええいと決心をしまして、よく人は清水の舞台から飛び降りるとかもうしますが、私も我が家の縁側から庭に飛び降りるような、一大決心をしまして、今朝は五時半に起きたところでございます。

 

 さて、私流の朝活は本日をスタートの日と改めて始めようと決心いたしました次第でございます。

 

 今朝はなんとか、この拙文を書くことが出来ましたが、明日の朝はどうなりますことやら……

 

 今朝、恥ずかしながら、このような拙文を書いておりますのは、私の決心の表れでございまして、このように皆様の前で公言したからには、明日の朝、二番寝は簡単には出来まいと、私ながらに、浅はかな考えをしているところでございます。

 

 それでは皆様、明日の朝、また目にかかりたいと……

 

 あと一時間、もう一度寝ます。